• Shiori ICHIKAWA

個展「STAYING PETS」のお礼

2021年8月にTaku Sometani GALLERY にて開催された個展「STAYING PETS」は無事会期を終えました。

この暑さにも関わらず感染症対策をしてご来場いただいた方々、気にしてくださった方々、どうもありがとうございました。


今回の展示では、自身の転居をきっかけとして常に身近にいた実家の猫たちの体の形状が急に掴めるようになったという出来事をスタート地点として、改めてペットと人間はどのような関係なのかと探るような思いで制作した新作を展示しました。


ステートメント全文はこちら。


Stay: とどまる、~のままでいる、滞在する、「待て」、延期する、和らげる, etc.


夢で一緒に過ごしたかけがえのない人物の顔がどうしても思い出せないように、自分の中でその人(猫)物像が育ってしまい、やがてそこにいる実物をしっかりと見なくなり、その本当の形状がつかめなくなっている...そんなことが、私と猫との間に起きていたようでした。


ユクスキュル / クリサート 著の『生物から見た世界』はバイブル的に何度も何度も読み返している本なのですが、その中で触れている「環世界」という概念が今回のテーマの大きな肝になっているのだと思っています。

(「環世界」とは、生物のひとつひとつの種の中には独自の世界がひろがっていて、そのそれぞれのあり方が異なるという考え方です。言い換えれば、私が今見ている「人間にとっての部屋」は、その匂いや素材、光の反射具合によって、全く異なる形状の「犬にとっての部屋」や、「ハエにとっての部屋」として存在しているという考え方です。それぞれの感覚器や体の作りによって、世界は全く違う見え方、時間感覚にあるということを認識しようという大変面白い本ですので、ぜひ読んでみてみください。)


私は自分の猫たちに、どんな姿、コメント、価値観を願っていたでしょうか。彼らの「ネコにとっての部屋」を想像したことはあったでしょうか。私にとって与えられた餌はどう認識されていたのか、寝床は、トイレは、そもそも私たちの顔はどんな色に見えているのか...私は想像したこともなくて、私とおなじ見え方をしているのだと信じ切って、こちらの世界に彼らを放り込んでいたのだなと反省しました。

私の世界にいた彼らは、私の頭の中で勝手に形も生成されて、そしてそれは実際の形とは異なっていたのかもしれません。だから描くことができなかったのかも...そんな想像をしました。思い出してみる彼らの姿は、かなり断片的なのです。尻尾の先、耳たぶ、目の縁の模様、断片的にそれらを思い浮かべることはできてもそれらはつながらず、一つの猫の形を形作っていません。それは、友人に対しても、家族に対しても、実は同じではないでしょうか。だんだん怖くなってきました。


そんな時、ふと思い出した大学の講義がありました。(先生のお名前を調べようとしたところ2016年のアーカイブがすでに大学のデータベースになかったので探し出せず。ノートを後で掘り起こす予定です。女性の先生でした)

その講義は心霊写真の歴史とその起源について掘り下げていくという内容で、死者の写真を合成するというイギリスの初期の心霊写真の紹介から始まりました。

心霊写真は、死者と共に写真をとり、同じ世界にいるように見せかけるというある種の儀式的な意味を持っていたといいます。幽霊は最初こそその人物の過去の写真の形状を保っていたものの、少しずつその要素は薄まり、まさに「幽霊」や「魂」というようなフォルムに置き換わっていきました。

それははまるで、私の中で変容していった猫のフォルムのようでした。


自分の制作の包括的なコンセプトでも触れているように、私はペットを見ることは、人間を見ることだと思っています。彼らは私たちの鏡のように、客観的に人間の世界を映し、一歩下がった視点から私たちに気づきを与えてくれます。

もちろんそれだけが彼らの存在意義ではないけれど、あの愉快な友人たちの与えてくれるものを、大事に受け取って生きていきたいものです。


次回の展示は、9月1日から、東中野の銀河101にて、堀岡暦さんとの二人展を予定しています。

お楽しみに。



Thanks to all of you, my solo exhibition "STAYING PETS" held at TAKU SOMETANI GALLERY in August 2021 has ended successfully.

Thank you very much to all who came to the exhibition, taking precautions against infection in spite of the hard heat.


The starting point of this exhibition was an experience in which I suddenly became able to draw the body shape and face of my cats, who had always been close to me when I was living at my parents’ house, after I moved to a new house.


The full statement is here.




It is just as I can't remember the face of an irreplaceable person I spent time with, in my dream. I have developed an image of the person (cat) in my mind, and then I don't try to see the real things there, and finally, I can't draw its true shape... This is what was happening between my cat and me.


The book "Streifzuege durch die Umwelten von Tieren und Menschen. Bedeutungslehre.", by Jakob von Uexkuell and Georg Kriszat, is my favorite book that I read over and over again, and I think the concept of "Umwelt" that is mentioned in the book is the key to this exhibition theme.

To put it simply about "Umwelt", the "room" that I see now for a human being is also a "room for a dog" or a "room for a fly" with a completely different shape depending on its smell, material, and light reflections. This is a very interesting book about recognizing that the world looks and feels different depending on our sensory organs and body structure, so please read it.


What would I have wished my cats? I try to remember it.

Have I tried to imagine what shape and colors my face reflected on their eyes? The visual image that I imagine about their mind is always like things in the human world.

It meant that I was always ignoring their own world.

Maybe that's why I couldn't draw them. I threw them into my world and I hadn't tried to see the actual face and shape and created the imaginary shape and faces in my mind. I think there were errors between my image and the actual shapes.


Their appearance, as I recall it, is quite fragmented. The tips of their tails, their earlobes, the patterns on the edges of their eyes, I can recall fragments of them, but they don't connect and don't form the shape of a single cat. I think it's the same with friends and family. I was getting more and more scared.


At that time, I suddenly remembered a lecture at my university. (I tried to look up the professor's name, but I couldn't find it because the archives for 2016 were not already in the university's database. I plan to dig up the notes later. It was a female teacher.)

It started with an introduction to early British ghost photography, in which photographs of the dead people were composited. At first, the ghosts kept the shape of the person's past photographs, but little by little, the elements faded away and were replaced by the typical form of a "ghost" or "spirit".

It was like the form of a cat that had been transformed in me.


As I mention in the overarching concept of my work, I believe that to look at pets is to look at people. They are like mirrors for us, objectively reflecting our world and giving us insight from a step-back perspective.

Of course, that is not the only reason for their existence, but I hope we can live with what these delightful friends have given us.


My next exhibition will be a two-person show with Koyomi Horioka at Ginga 101 in Higashi Nakano starting September 1st.

Please look forward to it.